• ご紹介いただいたメディア情報
  • お客様の声
  • きものしみ抜き教室
  • 扇屋日記
  • 家田貴之のブログ
  • 扇屋ファンページ
ご注文全国対応可能
  • 【北海道】北海道
  • 【東北】青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島
  • 【関東】茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川
  • 【中部】新潟・富山・石川・福井・山梨・長野・岐阜・静岡・愛知
  • 【近畿】三重・滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山
  • 【中国】鳥取・島根・岡山・広島・山口
  • 【四国】徳島・香川・愛媛・高知
  • 【九州】福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄

丸洗い(生け洗い/オゾン洗い)

丸洗いとは、着物のドライクリーニングです。
洋服とは違う、着物用の溶剤で洗います。

扇屋ではクリーニング溶剤にオゾンを混ぜ込みます。
これにより、殺菌効果や消臭効果があり古く保管されていた着物やカビの臭いにも
効果的です。また、油性の汚れや裾汚れの洗いに適しています。

洗い張りのように着物を解かずに洗うことが出来るため季節のお手入れ(衣替え)
の時にお勧めです。

着物のドライクリーニング

生け洗いや丸洗い、店により○○洗いと統一された名前はありませんが、これらは、着物のドライクリーニングを指します。

この作業で一番重要な事は、溶剤の管理です。
汚れた溶剤を使うと、逆汚染と言う状態になり着物に汚れが移ってしまいます。

使用する溶剤にも数多く種類があります。
1Lあたり93円〜183円の原価の違いがあります。(2010年12月調べ)

着物のドライクリーニング

安い溶剤との違いの一つに芳香族があります。
一般的には5.0を使用するようですが、当店は0.1の最上クラスを使用しております。
丸洗い後の独特の臭いがこの芳香族の違いにあります。臭いが残るイコール着物から溶剤が完全に抜けきっていません。

仕立てが狂う、風合いを損ねる可能性

丸洗いをすると仕立てが狂うと言う話を聞きます。

この原因はドライ機械内にある水分が原因です。

扇屋では水抜き剤を使うのではなく、吸水素材の生地を機械に入れて、毎日徹底的に水分を抜きます。

また、油脂溶解率の高い溶剤を使用すると、汚れが綺麗に落ちますが生地が痩せたようになるので着物への使用はお勧めできません。

水分を抜く

洗剤を入れることにより汚れが落ちやすくなりますが、ネトッとした手触りになり、丸洗い後にベンジンを使うと輪ジミになります。

洗剤の量が多いと着物に洗剤が残ったまま洗い終わる事になります。これらも溶剤管理の大切なポイントとなります。

オゾン洗い

扇屋の丸洗いは基本オゾンを混ぜた溶剤を使用して洗っています。

食品の殺菌等にも使用されるO3(オゾン)です。
カビや尿素の分解に効果を発揮し、残留しません。

しかし、オゾンは酸化力が強く、着物の製造状態により使用しない方が良い場合もあります。
この見極めが大切です。

そのため、2台の機械を使い分けての作業しております。

オゾン洗い

汗洗い

着物に汗の成分が残っていると、変色や黄変染みになる原因となります。

丸洗いでは水を使用しないため、水性の汗汚れを落とすことができません。 また、汗染みは霧を吹きかける位では完全除去できません。

汗洗いとは、脇や帯下など汗を吸っている箇所にエアーブラシを使い細かい霧を吹き掛け 汗が浮いてきたのを確認し『超音波洗浄機』により汗の部分を洗い流します。 部分仕上げをし風合いを整え作業完了となります。

丸洗い(生け洗い)との併用をお勧めします。
また、汗をかいたか判らない場合でも着物診断(見積もり)の際お知らせいたします。
汗のシミ抜きも熱を加えると抜けにくくなります。作業は丸洗いをする前に行います。

乾燥方法

光を遮断した室内乾しで、温度管理(32〜33℃)された状態の自然乾燥が理想です。

しかし、この乾燥方法はコストがかかります。
なかには、乾燥を天日乾しに頼る業者もあります。
(コストは掛かりません)

着物の染料はとてもデリケートですので天日干しすることにより変色の可能性が高まります。

乾燥方法

丸洗い(生け洗い) 料金

着物を解かずにクリーニング(油性の汚れに効果あり)+ 仕上げ
乾いた蒸気の特殊なアイロンで生地に、あたり(アイロンの熱により生地が潰れ光る)を出さず仕上げます。

※消費税について
価格表は消費税抜き価格です
2014年3月末までは5%、2014年4月以降は8%となります
  料金
長襦袢 5,500円
名古屋帯 5,500円
袋帯 6,000円
長羽織 ・ 羽織 ・ 道行 6,500円
長コート ・ 雨コート 7,000円
無地・小紋・紬(大島・結城) 7,000円
喪服 7,000円
付下げ 7,500円
訪問着 8,000円
留袖 ・ 色留袖 ・ 振袖 10,000円
その他 ご相談ください

汗洗い 料金

脇や帯下など汗を吸っている箇所にエアーブラシを使い細かい霧を吹き掛け汗が浮いてきたのを確認し『超音波洗浄機』により汗の部分を洗い流し仕上げます。
丸洗い(生け洗い)との併用をお勧めします。

汗洗い 一箇所 2,000円~

※消費税について
価格表は消費税抜き価格です
2014年3月末までは5%、2014年4月以降は8%となります
  料金
1箇所 2,000円
両脇の汗 4,000円
お問い合わせ
ページの先頭へ